日本舞踊

5,000〜 円(税込) ( 60 分)

「さくらのさくら」の音楽に合わせて、日本舞踊の基本的な動きを学びましょう

もっと読む

日本舞踊(地唄舞)のお稽古
1、開始のご挨拶
・お辞儀の練習
・座り方(正座)の練習

2、地唄舞の説明
地唄舞は日本舞踊の中の一種で主に女性が育んできた希少な日本の芸能です。
地唄舞は19世紀の江戸時代に確立されました。
舞の特徴は、江戸の「粋」という言葉のように、凛とした潔さと華、柔らかな中にある鋭さ、削がれた中にある美しさがあります。
また地唄舞は主にお座敷で舞われ江戸時代の子女の嗜みや、呼吸法を意識した動きから、
昔の人々のエクササイズにも使われていたとも言われており、美と健康にもよいといえるでしょう。
地唄舞で大切なことは、手先の優美な動き、停止、肩と目線による繊細な表現、全身で空間を感じることです。

3、ウォーミングアップ
・歩き方の練習(呼吸を入れた)

4、舞の披露
・課題曲『さくらのさくら』
桜 桜 弥生の空は 見渡す限り 霞か雲か 匂いぞ出ずる いざや いざや 見にゆかん

5、基本的な所作の練習

6、舞の練習と披露
※練習しながら皆で一緒に舞います。

7、写真撮影

8、終了のご挨拶
※お稽古終了後に細やかですが、修了証をお渡しいたします。

※2名様以上での開講となります。

Calendar

この講座は予約開催制です。受講をご希望の場合はお問い合わせください。