茶道

5,000 円(税込) ( 60 分)

茶道の体験と和菓子が食べられます。

もっと読む

客人にお茶を振る舞う「作法」で「茶の湯」とも言われ、安土桃山時代に千利休によって大成されました。
作法を通して客人をもてなし交流することで、お互いの考え方や生き方を理解する芸術活動でもあります。
禅のことばに「喫茶去(きっさこ)」という言葉がありますが、これは「まぁ、お茶でもお飲みなさいな」ということですが、
忙しい日常にあっても「ふっと力を抜いていまここの私に還る」そんな時間もとても大切だよ、というような禅の教えです。
このように禅とお茶にはとても深い関係があるのです。

今、海外では日本文化としての「禅」の精神が大変高く評価されていますが、実際に禅の精神が息づく「茶道の体験」を通して、
より深く日本を感じ、知っていただければと考えています。

okeikoJapan宮島では各流派の先生をお迎えし、毎日「茶道」のお稽古を開催しております。
季節ごとに移りかわる禅寺の庭の景色、空間、おもてなし…すべてを通して「喫茶去」の世界を感じていただければと思います。
ぜひ、皆さまのご参加をお待ちしております。

※2日以内のご予約の場合は講座の実施ができない場合がありますので、お早めにご予約ください。

Calendar

2018年 4月
(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26
10:30 - 11:30[満員]
27 28
29 30
2018年 5月
(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)
1 2 3 4 5
6 7
10:30 - 11:30[満員]
8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31